お知らせ

”国産(日本製)の産み分けゼリーを使いたいけど、どんな種類があるのか分からないから比較を見たい”

産み分けゼリーは、女性の膣内に直接注入して使うものです。

なので、やっぱり日本製の方が安心して使えますよね。

そこで、日本で製造されている国産の産み分けゼリーをピックアップし、それぞれどんな違いがあるのか比較してみました。

おすすめの国産産み分けゼリーもご提案していますので、産み分けゼリー選びの参考にしてみてください。

 

国産(日本製)の産み分けゼリーは4つ

日本で手に入る、国産の産み分けゼリーは4つあります。

ピンクゼリー・グリーンゼリー

ハローベビー

ベイビーサポート

ジュンビーピンクゼリー

*ジュンビーピンクゼリーだけは、女の子用のみ。他は男の子用・女の子用がそれぞれあります。

 

ピンクゼリー・グリーンゼリー

価格 10,800円(税込)+送料800円
*初回は登録手数料5,000円が別途必要
容量 約23cc(約5回分)
使用期限 購入後2年

特徴

杉山産婦人科という、日本の産み分けの草分け的な存在の産婦人科が作るネットワーク「SS研究会」が運営している生み分けネットで販売されているゼリーです。

ネット通販だけでなく、SS研究会に所属する産婦人科医では、クリニックで処方してもらうこともできます(保険適用外)。

成分

ピンクゼリー・グリーンゼリーに含まれている成分は、基本的に非公開となっています。

ただ、問い合わせをして確認したところ、産み分けに影響する「pH調整剤」はちゃんと含まれていました。(リン酸二水素カリウム・リン酸二水素ナトリウム

メリット

日本で一番歴史が古い産み分けゼリーです。

産婦人科医での取り扱いもあることから、安心度・信頼度はかなり高いでしょう。

ただ、産婦人科で扱っているからと言って、他のゼリーと比べて特別に産み分け確率が高くなる特殊成分が含まれているわけではなさそうです。

デメリット

ピンクゼリー・グリーンゼリーは、使うときに少し手間がかかるというデメリットがあります。

容器ごと50度くらいのお湯で湯せんして中のゼリーを溶かし、それを付属の注射器で3~4ml吸い取って膣内に注入します。

性交の途中でササっとさりげなく注入するというのは難しいですね。

その他

ネット上では「ピンクゼリー・グリーンゼリーは中国産だから危険」といったような書き込みを見かけることがありますが、公式にこれは否定されています。

成分などが非公開ということで、こうした憶測が独り歩きしているのかもしれませんが、ちゃんと日本製なので安心して使って大丈夫です。

 

 

ハローベビー

価格 1セット 10,800円(税込)+送料600円
2セット 19,440円(税込)送料無料
3セット 27,540円(税込)送料無料
容量 1.6ml×7本
使用期限 製造日から1年

特徴

ハローベビーは、シンゲンメディカル株式会社が製造・販売されている産み分けゼリーです。

ゼリーは1回分ずつシリンジ容器(注射器のような容器)に入っていて、キャップを外して容器を膣内に入れるだけで注入できるようになっています。

簡単に自宅で産み分けゼリーを使えるようにした第一人者ですね。

成分

ハローベビーに使われている成分は、すべて公式サイト上で公開されています。どれも体に無害な成分ばかりとなっています。

もちろん、産み分けを左右する「pH調整剤」もちゃんと入っています。(クエン酸、塩化ナトリウム、リン酸

メリット

使い切りのシリンジ型で、簡単に注入することができます。

また、ハローベビープレミアムには、「フルクトース」という男性の届ける力をサポートする成分も含まれています。

デメリット

1本のシリンジに入っているゼリーの量が1.6ml

膣内にまんべんなく行きわたるには3~5ml必要と言われているので、計算上は1回に2本使わないといけないことになります。

2本ずつ使うとなると少しコスパが悪いというのがデメリットと言えます。

その他

ハローべビーには、通常版とプレミアムの2種類があります。

どちらにもpH調整剤は含まれていますが、プレミアムには精子がもっとも活動しやすい浸透圧を調整する成分なども入っています。

 

 

ベイビーサポート

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

価格 1セット 14,904円(税込)+送料650円
2セット 23,846円(税込)送料無料
3セット 31,298円(税込)送料無料
容量 4.5ml×7本
使用期限 購入後2年

特徴

ベイビーサポートは、株式会社 Coussinetが製造・販売している産み分けゼリーです。

1回使い切りのシリンジ容器(注射器型容器)に入っているので、簡単に衛生的に注入ができます。

ゼリーだけでなく、容器や袋、箱まですべてが日本製という徹底ぶり。安心して使えるようなこだわりが随所に見られます。

成分

ベイビーサポートに使われている成分は、すべて公式サイト上で公開されています。

国産の天然成分を使用して、医療業界向け製品の衛生環境下で製造されているので、安心して使うことができるでしょう。

もちろん、産み分けを左右する「pH調整剤」もちゃんと入っています。(水酸化カリウム、クエン酸ナトリウム

メリット

1本の容器に4.5mlのゼリーが入っていて、これは他のゼリーと比べて2~3倍多くなっています。

膣内にゼリーを行きわたらせるのに必要な量が3~5mlと言われているので、1回の注入で十分に適量がまかなえるようになっているというのはメリットですね。

また、2セット・3セットのまとめ買いをして、使っている途中で希望の結果を手に入れることができた場合、あまったベイビーサポートを買い取ってくれるというキャンペーンも行っています。

トータルで考えると、コスパが一番いい産み分けゼリーと言えるでしょう。

デメリット

人気があるため、たまに公式サイトでも品切れになっていることがあります。

「ほしいときに買えない!」ということにならないためにも、興味があれば在庫があるときに買っておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

ジュンビーピンクゼリー


価格 1セット 15,984円(税込)+送料648円
2セット 28,728円(税込)送料無料
3セット 41,472円(税込)送料無料
容量 1.7ml×10本
使用期限 製造日から2年

特徴

ジュンビーピンクゼリーは、ジュンビー株式会社が製造・販売している産み分けゼリーです。

1回使い切りのシリンジ容器(注射器型容器)に入っているので、簡単に衛生的に注入ができます。

産み分けゼリーの中で、厚生労働省指定の第三者機関で審査された「管理医療機器」として認証を受けているのは、このジュンビーピンクゼリーだけです。

成分

ジュンビーピンクゼリーに使われている成分は、すべて公式サイト上で公開されています。

産婦人科医との共同開発で、安全な成分を適切な割合で配合しています。

もちろん、産み分けを左右する「pH調整剤」もちゃんと入っています。(クエン酸ナトリウム

メリット

産婦人科医との共同開発という専門性、そして「管理医療機器」の認定を取っているという安心感は、客観的な安全性を求める人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

ジュンビーピンクゼリーは、今のところ女の子用しかありません。なので、男の子を希望する方は他の選択肢を選ばざるを得ないでしょう。

 

 

産み分けゼリーの成功確率に違いはある?

安全性の高い国産の産み分けゼリーですが、実際に選ぶときに気になるのが「成功する確率」ですよね。

できれば成功確率が一番高い産み分けゼリーを選びたいという気持ちは誰でも持っていると思うのですが、実際には、はっきりとした確率は発表されていません

その理由は、ゼリーを使った人たちに報告義務はないため、ゼリーの販売会社がその結果を把握することができないからです。

ただ、上で紹介した国産のゼリーにはどれも、膣内を「男の子になる精子に有利な環境」または「女の子になる精子に有利な環境」にする成分がちゃんと入っています

このように膣内環境を調整することで産み分けをサポートするというのが、産み分けゼリーの本質です。

なので、膣内環境を調整する成分がしっかり入っている国産の4つのゼリーはどれも、成功確率に大きな差があるわけではないと考えていいでしょう。

逆に言えば、どのゼリーを選んで使ったとしても、100%の確率で産み分けが成功するわけではありません

希望していた性別とは違う性別の赤ちゃんを授かることもあると理解したうえで、それでも何もしないで完全に運を天に任せるよりも、可能性を高めるための方法として取り入れるようにしましょう。

 

産み分けゼリーを使うことで不妊になる恐れはない?

産み分けゼリーを使うことによって、逆に妊娠する確率が下がるのではないか不妊になるのではないかと心配する方もいるかもしれませんね。

実際には、ゼリーの使用で妊娠確率が上がったり下がったりすることはありません。あくまでも、膣内のpH値(酸性かアルカリ性か)を調整するためのものであって、精子の動きを鈍らせるような成分は入っていないからです。

(むしろ、精子の活動をサポートする成分が入っているものもあります)

ただ、不妊治療をしている場合は産み分けゼリーを使用せずに、行っている治療を優先して主治医の先生の指示に従うようにした方がいいでしょう。

 

産み分けゼリーに副作用はある?

産み分けゼリーは女性のデリケートな膣内に直接注入するものですので、副作用の心配をする人もいるかもしれません。

そこで、それぞれの産み分けゼリーの販売会社に副作用について実際に問い合わせをしてみました。

いずれの販売会社も、何度もテストを繰り返して成分の安全性には万全を期していて、

「今まで1件も副作用の報告はない」

との回答でした。

口に入れても安全な成分のみを使用しているということなので、副作用について過剰に心配せずに、安心して使って大丈夫です。

 

国産の産み分けゼリー、バランスが一番いいのは「ベイビーサポート」

色々と細かく特徴やメリット・デメリットなどを見てきましたが、品質・安全性・コスパのバランスが一番いいものを使いたい人なら、ベイビーサポートがおすすめです。

 ベイビーサポート
価格 1セット 14,904円+送料650円
2セット 23,846円(送料無料)
*20%OFF
3セット 31,298円(送料無料)
*30%OFF
容量 4.5ml×7本
使用期限 購入後2年
製造 日本国内
特典・キャンペーン 2箱以上購入で「おめでた返金キャンペーン」対象

ベイビーサポートは、まとめ買いをすると割引率が大きくなるので、かなりお得に買えることも分かります。

そして、まとめ買いでお得に購入して希望の結果が出た場合に、あまったゼリーを買い取ってくれるという「おめでた返金キャンペーン」

これは他にはない取り組みで、本当に産み分けを応援してくれているということが伝わる嬉しいキャンペーンですね。

成分にこだわり、製造過程にもこだわり、結果にこだわって作られた安全な国産の産み分けゼリー。

産み分けに初めて挑戦するご夫婦でも、安心して使うことができるのでオススメです。

品質・安全性・コスパのバランスを重視するなら
こちらをチェック
▼ ▼ ▼

 

 

更新日:

Copyright© 国産原料のみを使った純日本製の産み分けゼリー|どれを選べばいい? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.